『ゲーム・オブ・スローンズ』第1シーズン 感想と覚え書き

例によって『ゲーム・オブ・スローンズ』話である。

何かに追い立てられるようにして焦って第5シーズンまで見たのだけど、細かい部分を見落としていたり話の筋をきちんと追えていなかったりするので、第6シーズンが見られるようになるまで(いつになるんだろう……)あらためて初めから見直している。というわけで第1シーズンの感想と覚え書き。あっネタバレとか配慮してませんのでヨロシク。

のちのちの陰惨で胸糞悪い展開を知ってしまってからだと、このあたりはとても平和でほのぼのしている。アリアとブランが追いかけっこをしたり、シオンが対等に扱われていたり……(ああ、シオン!)。

ことにティリオン*1がらみのエピソードは、1)用もないのに<冥夜の守人>についていって”壁”の上から小便だけして帰ってきたり 2)と思ったらいきなり捕まって、<天空房>という断崖に向けて大きく開口したとんでもない独房に入れられたり 3)蛮族に襲われるが口八丁で切り抜け、そればかりかその蛮族を従えて自分の国に帰ってきて 4)先鋒で戦えと言われ出陣するが後ろから来た自軍に踏んづけられてすぐ気絶し、そのあいだに戦いが終わってしまったり……と、まるで「ほら男爵の冒険」である。おかげで話が過度に深刻にならずにすむのだけど、逆に言うと、ティリオンがどんどん追いつめられて余裕がなくなっていくのにしたがってストーリーが陰惨になっていくんだよね。

第1話の冒頭に、エダード公が逃亡した<冥夜の守人>の首を刎ねる場面があるけど、あれは「これはこういうドラマなので苦手な人は見ないように」という意味でもあるのだろう。また終わりの方ではサーセイとジェイミーのセックスシーンもある。しかしこのドラマのセックスシーンはエロくもなんともなく、むしろ暴力シーンに近い。ドロゴに嫁いだばかりのデナーリスが泣きながらアレされるところとか、よくこんなのモロに撮ったって感じ。無論この過程があるから、そのあと2人が本当の王と王妃になっていくのが感動的なんだけど。

デナーリスといえば、第6話で焼けたドラゴンの卵を素手で持って何ともないという伏線があるけど、第1話でも既に平気で熱い風呂に入るというふうにさりげなく仄めかされてたりして感心した。また兄ちゃんのヴィセ―リスは第6話で王冠をかぶらされて早々に退場してしまいますが、あらためて見てみてあんないいキャラをとっとと殺すなんてすごく贅沢だと思った。

このシーズンだけのキャラクターというと、アリアのダンスの師匠シリオ・フォレルや、ドラスクに侵略された部族の呪術師ミリ・マズ・ドゥールがいる。ダンスの稽古の場面は三つしかないが、強い印象を残す。シリオの台詞。

「これはウェスタロスの、叩いて殴る鉄のダンスではない。水のダンスだ。素早く、不意を打つ。すべての人は水でできている。人を刺せば水が流れて、その人は死ぬ」

「悩んでいるときに戦が始まると悩みは増える。それでは蛇のように素早く動けない。影のように静かになれない」

「この世の神は死神だけだ。死神に言う言葉はただひとつ。『まだ死なぬ』」

「観察と見るのは別だ。ありのままに見ることこそ、剣術の極意」

「筆頭剣士は逃げない」

くーっカッコいい。

ついでに<冥夜の守人>になるときの誓いの言葉。

我が言葉を聞き 誓いの証しとなりたまえ
夜の闇濃くなり 見張りが始まる
我が死まで 終わることなし
妻を娶らず 土地を持たず 子供を作らず
冠を被らず 栄光を得ず
自らの持ち場で 生きて死ぬ
我は暗闇の剣士 我は”壁”の見張り人なり
我は人の領土を守る盾なり
命と名誉にかけ 冥夜の守人に尽くす
この夜と すべての夜のために
(立会人)少年として跪いたが 守人として立て

第2シーズン以降も引き続き登場する脇役には、バリスタン・セルミー(ep3)、ランセルラニスター(ep3)、ライサ・アリンとその息子ロビン(ep5)、娼婦ロス(ep5)、野人オシャ(ep6)、傭兵のブロン(ep6)、娼婦シェイ(ep9)など。

「6歳でまだ母親のおっぱいを吸っている」という設定は伝奇っぽくてすごくスキ。またオシャとかミリ・マズ・ドゥールといった異文化の役の人は立ち姿そのものに説得力があって素晴らしい。ああいう芝居、私もやってみたい。

さて、伏線なのかなんなのかこのシーズンで解決してない疑問が二点。第2話でアリアが逃がした大狼<ナイメリア>*2はこのあと戻ってくるんでしょうか? そして、第9話でシェイが自分の出自を語るのを拒むシーンがありますが、アレはどういう意味なんでしょう?

というわけで、第2シーズン以降もじっくり再見しようと思います。

*1:huluでは日本テレビが宣伝のために放送した『ゲーム・オブ・スローンズ実況SP!!』という番組(の特別編集版)を一緒に配信してるのだけど、その中でティリオンを「小柄な人」と言ってて笑ってしまった

*2:ちなみにそれぞれの大狼の名前は、ロブ:グレイウィンド、サンサ:レディ、アリア:ナイメリア、ブラン:サマー、リコン:?、ジョン・スノウ:ゴースト。