読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牡猫ムギの人生観

オス6歳、もと野良ネコ。

斎藤美奈子「『リベラルはどこがダメか』を検証する」の件

 

はてなブックマーク - 「リベラルはどこがダメか」を検証する(斎藤美奈子)|世の中ラボ 第75回|webちくま

 

斎藤美奈子といえば、まずなによりもフェミニズム批評の人であって、左右どちらかといえば左に近しいのだろうけど、明確な左派というよりは党派性そのものをフェミニストの立場から批判する立場というのが正確なところじゃないかと思う。しかしこのコラムは論旨が「党派性を批判する」というより「左派のダメさを指摘する」というのに変わってしまっているので、今まで親しんできた『あほらし屋』『物は言いよう』『月夜にランタン』等の著作とは若干趣がちがっている。

これが「運動の中心にいた人物からの左派批判(=自己批判)」ならたいへん重要な分析だし「左右の対立から一歩離れた立場からの左派擁護」もまた書かれるに値する文章だろうと思う。だけど「安全圏の人間が負けた方を叱る」なんて、ようするに試験に落ちた受験生に対して「しっかり勉強しなきゃダメじゃないか」と言って叱るようなもんで「んなこたわかっとるわい」としかいいようがないのではないか。あるいは

 

 

ってことじゃないスかね。

つーか、そう思っていたんなら先に言えって。後出しジャンケンなんてやっても、喜ぶのは反対勢力だけじゃん。

と、思いました。