読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牡猫ムギの人生観

オス6歳、もと野良ネコ。

「名脇役」と呼ばないで

もう10年以上まえの話になるけれど、元東京サンシャインボーイズの俳優・伊藤俊人クモ膜下出血で急逝したとき、主宰の三谷幸喜が彼の死を伝える報道に対して「彼のことを『名脇役』とか『名バイプレーヤー』などと書いてほしくない。彼はたんに優れた俳優だったのであって、優れた脇役俳優だったわけではないのだ」という意味のことを言って(書いて)いた。

で、週末の朝の情報番組の司会をやっていた内藤剛志がそれを受けて「自分も三谷さんの言うとおりだと思う。脇役なんていうのはないっ!」と放送で言っていて、私はそれを見ながら「いや脇役はあるけどな」と思っていた(まあ内藤氏は「脇役俳優なんていうものはない」と言いたかったのだけど)。

という記憶があるのだけど、どこでそんなこと言ってたんだっけとあらためてソースを探してみると見つからない。三谷氏がこういう話題を取り上げるとしたら朝日新聞の連載「三谷幸喜のありふれた生活」じゃないかと思ったのだが、この時期のエッセイをまとめた『三谷幸喜のありふれた生活2・怒涛の厄年』を読み返してみても、脇役がどうこうなんて書いてある文章はなかったのだった。困った。困ってしまったので、とりあえず同連載の中から伊藤氏がどういう俳優だったかを端的に書いている部分を引用してみる。

……場の空気を読むのがうまかった。最近はバラエティー番組で見ることも多かったが、彼の本領はやはり舞台だ。
 これから歳を重ねていくに連れ、あの独特の軽さの中に悲哀やペーソスが滲んでくるはずだった。哀しさを表現しても決して重くならない、日本では珍しいタイプの俳優になるはずだった。多くの演出家に愛され(彼と組んだスタッフは、必ずもう一度彼と仕事をしたがった)、シリアスな演技も出来る喜劇役者として、今以上に貴重な存在になるはずだった。
 そして五十歳くらいで、映画かテレビか舞台かは分からないけど、地味だけれどいい作品に巡り合って、人生に疲れた主人公の小市民を哀愁たっぷりに、でもカラッと陽気に演じて、その年の賞を総なめにするはずだった。
 伊藤俊人はそんな役者だった。そして彼はそれを実現する前に、あっという間に逝ってしまった。

(『三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年』「頼れる友が逝ってしまった」)

とりあえず、「名脇役がどうした」とは一言も言ってない……なんて別になんの証明にもなりはしないのだが、同じことをナーンモ考エテナイスポーツ紙の記者(偏見)あたりが書くとしたら絶対「名バイプレーヤー」と入れたくなるような文脈には見える。けれどそのかわりに、三谷氏は「50歳くらいで主役(主人公)を演る」といっている……

……三谷さんが脇役云々と言っていたという証拠を見つけるのには失敗してしまったので(だめじゃん)、ここからは私見を述べます。

だいたい「脇役俳優」なんていうと、まるで脇役専門の役者みたいでおかしいだろうと思う。もしそういう専門の俳優が存在するなら、主役のオファーが来ても「自分は脇役ですから」とかいって断っちゃうのだろうか。

そりゃ人気や実力がちょっとイマイチなのでまだ主役は張れないよという役者はいるだろうけど、彼ら(マスコミの人)の言う「名脇役」ってそういう意味で使ってるわけではなかろう。多分褒めてるつもりなんだろうけど、言われる方はそういうレッテル貼りみたいなことされて嬉しいものなのか。

私は別に役者じゃないのでここから先はただの推測なのだけど、俳優さんというのは好き嫌いや得手不得手みたいなのはおいといて、来た役を淡々と引き受けるというスタンスの方が大部分なんじゃないかという気がする。演技力に自信のある人ほど、こういう役はちょっと……なんて言わずに「使ってくれるならどんな芝居でもしてみせますよ私は」みたいな矜持があるんじゃないかしら。ましてや「この役はワキだからいや」だの「主役はちょっとできません」なんて言う俳優がいるとはあんまり思えない(いやまあちょっとはいるかもしれないけどさ)。
 
www.nikkansports.com

だからこの記事を読んだとき、なんだかすごーく複雑な気分だった。いや、ブコメにも書いたとおり、出演する本人たちが納得しているのなら部外者がどうこう言うスジアイの話じゃないのだけれど、作り手(プロデューサーやディレクターや脚本家)が率先して「ハイこの人たち脇役俳優」なんて宣言しちゃうのって個人的にはあまり愉快でない。結構なキャリアのある方々にむかってそりゃさすがに失礼だよ、としか思えない。

のだった。