アメリカ大統領選についてのメモ

選挙前のふたつの感想 ↓ 。
http://b.hatena.ne.jp/entry/296468258/comment/mugi-yama
http://b.hatena.ne.jp/entry/302562899/comment/mugi-yama
  ------------------------------------------------------------------
「トランプ大統領」誕生-山猫日記』のなかで三浦さんは2番めに挙げておられるけど、世論調査がことごとく予想を外していたというのはそうとう深刻な問題じゃないかな―と思う。だって、あんたら今まで何を調査しとったん? ていう話でしょう。この先たとえば大統領の支持率やなんかを調査することがあっても「世論調査ってアテになんないよね」っていうことになっちゃったら、いままでの政権運営の方法というのがまったく無効になるわけだし。
  ------------------------------------------------------------------
ただの思いつきというかカンでしかないのだけど、芸術というか表現というか、ことにポップカルチャーに何かしら影響があるんじゃないかという気がしてならない。『スターウォーズ』の新作とかさ。
  ------------------------------------------------------------------
トランプ勝利のニュースに乗っかって、なにか勝ち誇ったようなこと言ってる日本人が多いのは理解に苦しむ。(2016-11-11)

  ====================================

なにか不愉快で、選挙結果がこうなったことの分析やらだれの予想があたったやらの記事は、見出しを見るだけで中身をほとんど読んでいない。
  ------------------------------------------------------------------
そもそも今回の場合、「トランプの勝因は(クリントンの敗因は)何々で」という記事を書こうとするなら、「なぜ開票前にこの分析ができなかったか」という自己批判がセットになるべきだろう。同様に、事前に「トランプ勝利の予想を的中させた」という人がいるなら、スゴイネーで終わらせるのでなく「なぜその予想をもっと大々的に主張しなかったか」についての弁明も必要だと思う。でないと「たまたま言ってみたのが当っただけ」「毎日地震発生の予言をしていればいつかは当たる」という言説と変わりがない(個人ブログかなんかでずっと前から「トランプにも勝機がある」「もしトランプが勝ったら」という記事を書き続けていた方がいて(名前失念)、そういう人ででもなければとても「トランプの勝利を的中」とは言えないと思う)。
  ------------------------------------------------------------------
「反エスタブリッシュメント」とでも言うべき状況があったのはたぶん確かだろうと思うのだけど、日本人がそれに過度に感情移入してモノを言うのはナンセンスだよなあ。だれがアメリカ社会のありのままの素顔を知っているというのか? ましてやそれと自分の心情を重ね合わせるなど、なにか壮大な勘違いとしか言いようがない。
  ------------------------------------------------------------------
民放のニュース番組(参照)のインタビューに答えて「『今回の選挙結果に官邸は大慌てだ』という話は出鱈目で、総理はテレビの開票速報を見ながら今後の世界情勢について思いを巡らしているようだった」等々とぺらぺらしゃべっていた代議士*1がいたけど、ありていに言ってその風景を想像すると滑稽にしか思えない(池上遼一の絵で思い浮かんでしまう)。
  ------------------------------------------------------------------
アップルのティム・クックが従業員向けに発表したコメントがあったけど、「政治がどうあれ我々はやるべきことをやるだけだ」というような内容は、(同意はするものの)なにか外界との交渉をいったん絶って内向きになる様に見えてならない。(2016-11-17)